日本禁煙学会

日本禁煙学会が行なっている活動内容や事業内容について纏めております。

電子たばこ

日本禁煙学会の事業内容

日本禁煙学会の事業内容としては学術総会や研究発表会、さらに講演会の開催等による禁煙に関する学術研究と教育に関することを大きな柱とし、機関誌や論文図書等を使用した禁煙に関する広報や、タバコによる健康被害、禁煙に関する研究及び調査などを行っています。
また、禁煙領域における専門医等の育成と指導者資格基準の策定、公表及び認定や禁煙推進を行なうための社会環境の整備促進、普及、提言、提唱などを行っています。
さらに禁煙コンテストの開催等の禁煙啓発など、業務内容は非常に多岐に渡っています。
たばこを吸うことにより健康的な生活を損なわれることは世界的にも知れ渡るようになってきています。
日本国内においても、健康増進法やタバコ規制枠組み条約の発効などにより、喫煙をコントロールする時代となっています。
現在、日本禁煙学会のように禁煙推進に携わる様々な組織が独自に活動をしています。
しかし、医療や保健の専門家や禁煙推進団体だけに留まらず、より広く、タバコ産業と繋がりのない非政府組織や民間団体が、国内および国際的なタバコ規制活動へ参加していくことが必要であり、禁煙推進を行なう上では重要なものになっています。
企業などでも禁煙をすることが出世の道だと言われるようになってきておりますので、各企業で日本禁煙学会の事業内容を参照することは大切なことだと考えられます。