日本禁煙学会

日本禁煙学会が行なっている活動内容や事業内容について纏めております。

電子たばこ

喫煙者が禁煙に成功する為に

年々禁煙を考える喫煙者の人口は増えていると言われていますが、禁煙に成功する方もいれば失敗する方もいます。
はじめに、どのようなやり方ですと失敗する可能性が高いのかと言えば、多くの方が一度は行う我慢だけで禁煙をする方法ですと失敗する可能性が高くなります。我慢による成功者の割合は一割程度とも言われていますので、殆どの方が失敗しているのです。
成功する為には我慢での禁煙ではなく、効果的なやり方で行う事が大切ですが、成功率をアップさせる為にも利用したいのが禁煙補助剤です。
補助剤にはガムやパッチ、そして経口薬がありますが、特に成功率が高いとされているのが経口薬です。経口薬は禁断症状を弱め、そして喫煙をした際に煙草を美味しいと感じさせない働きがある薬ですが、自然に煙草への欲求を軽減させていく事ができますので、優しく禁煙ができるのが特徴です。
ですがこのような補助剤を利用した場合でも100%の方が成功できるという訳でもありません。補助剤を用いても失敗してしまったという喫煙者も少なくないようですが、もっと成功率をアップさせる為には自己努力も欠かせないと言えます。
例えば運動を行うのが有効とされています。禁煙をしている時に辛いのが禁断症状ですが、禁断症状が発生する原因はドーパミン不足です。禁煙時は快楽物質の分泌が減りますので、それによって眠気やだるさなどの様々な症状が発生します。しかし運動を行う事によってドーパミンの分泌が活発になりますので、禁断症状を乗り切り易くなるのです。実際、成功者の中にはウォーキングやジョギング、ストレッチなどを行って対策をしていたという方も多く、運動を行う事が有効とされています。