日本禁煙学会

日本禁煙学会が行なっている活動内容や事業内容について纏めております。

電子たばこ

パチスロも行う複合娯楽施設も禁煙ルームを用意

パチンコ屋近頃はパチスロ事業も内包する複合娯楽施設も禁煙に力を入れています。複合娯楽施設の中にはカラオケ店を運営している事も多いです。一般的なカラオケルームの禁煙化の他、パーティールームの禁煙化も進んでいるのが実情です。

特殊スペースとして提供されている掘りごたつ部屋も、複合娯楽施設の中には禁煙化が進められています。喫煙者としては、掘りごたつでゆっくり喫煙といきたい所でしょうが、現在は特殊なスペースですらタバコを吸う事が出来ないようです。あらゆる場所で喫煙スペースが少なくなったことも影響し、喫煙者は年々減少傾向にあります。

娯楽産業であるパチスロ、パチンコ店自体も、喫煙スペースが縮小しています。遊戯客の喫煙率は低下傾向にあります。空気清浄機が常時稼働するパチスロ店も増えています。女性客に向けたサービスに力を入れた結果かもしれません。5年前、10年前であれば考えられない事です。現在、缶コーヒーを手にタバコを吸う人は少なくなりました。

企業や大学のみではなく、娯楽産業、複合娯楽施設も禁煙化が進みました。こういった現状を考えると、喫煙者は早期に禁煙に取り組んだほうが良いかもしれません。一歩外に出ると、もうタバコを吸う場所を見つけるのが困難です。灰皿すら見かけない状態です。遠くない将来、外では一切タバコを吸えなくなる日が来るかもしれません。そんな時、特殊な掘りごたつの部屋で一服、といった事も出来ないでしょう。

数年前から、安価な禁煙補助剤も販売されるようになりました。ニコチンガムやニコチンパッチなら離脱症状を抑えて、禁煙する事も可能です。喫煙者へのプレッシャーも強くなった事で、そろそろタバコをやめて健康面を大切にしたいとお考えなら、このような商品を使ってタバコをやめるのも良い選択ではないでしょうか。