日本禁煙学会

日本禁煙学会が行なっている活動内容や事業内容について纏めております。

電子たばこ

NPO法人日本禁煙学会について

チャンピックス現在は高齢化社会の影響で以前よりも健康に対して敏感になっています。
高齢化社会になると老齢人口が増え、健康に関心を持つ人が増えます。
国や地方自治体も健康を推進し、それができるように様々な制度を考えます。
また、健康に合ったサービスを提供したり商品を販売する企業や団体も増加していきます。
テレビや雑誌などのメディアでもこれらのことが取り上げられるようになり、果敢に宣伝するようになりました。
このように現在は年を追うごとに健康への関心が強まっているのです。
また、今後さらに高齢化社会へ拍車がかかると言われているので、ますます関心が強くなることは間違いありません。
しかし、その健康とは真逆の方向へ導いていくものがあります。
それが喫煙です。
喫煙は人間の健康を破壊する行為です。
タバコには人体にとって悪影響が多く潜んでいるのです。
タバコに含まれるニコチンは猛毒の一種です。
これには発がん性物質が多く、人体に入ると少しずつ病気へと向かっていきます。
急に病気にはなりませんが、確実に体を蝕んでいくわけです。
一方、タールはというとこちらも有害成分があります。
特に依存度の高い物質が多く、なかなかタバコを止められない原因になっています。
タバコはこのタールによる依存が高まるからこそ、猛毒を自分から好き好んで体内に吸収してしまうのです。
このタバコを止めようと現在は様々な方法が考案されています。
特に注目されているのが禁煙補助薬です。
この禁煙補助薬の中でもチャンピックスが有名です。
これはニコテックスなどの禁煙ガムよりも禁煙できる割合が高いのです。
その数値は約5割と言われています。
また、日本には禁煙を推進している医師は沢山いて、そのための団体も設立されています。
中でもNPO法人日本禁煙学会についてはその活動に力を入れている団体です。